教養学部報掲載
2016年1月28日
昨年11/23(月・祝)に開催された駒場祭シンポジウムでの山崎准教授の講演
電子情報・初年次ゼミ「数学・物理をプログラミングで考える」
の様子が教養学部報580号(2016.01.06)で紹介されました.
受賞
2015年12月16日
伊東浩太 (M2) が,HCGシンポジウム オーガナイズドセッション賞(コミック工学)を受賞しました.
(発表論文名「グラフを用いた漫画画像の領域選択」)
PCSJ/IMPS 受賞
2015年12月5日
山崎俊彦 (准教授),福島悠介 (M1),古田諒佑 (M2),相澤清晴 (教授)がIMPS優秀論文フロンティア賞を,
松井勇佑 (D3)がIMPS学生論文賞をそれぞれ受賞しました.
http://www.pcsj-imps.org

IMPS優秀論文フロンティア賞
I-3-10 文書・音声特徴によるリアルタイム・プレゼンテーション解析にむけた検討
山崎 俊彦,福島 悠介,古田 諒佑,相澤 清晴(東大)

IMPS学生論文賞
I-2-01 PQTable: ハッシュテーブルを用いたプロダクト量子化ベクトルの高速探索
松井勇佑(東大)
(著者は松井勇佑,山崎俊彦,相澤清晴)
受賞 IEEE Fellow
2015年11月27日
相澤清晴教授に IEEE Fellow の称号が授与されることになりました.
IEEE SPS Japan Student Conference Paper Award受賞
2015年11月21日
古田 諒佑 (M2, 執筆時B4)が下記の論文に対して第9回IEEE SPS Japan Student Conference Paper Awardを受賞しました.

R. Furuta, S. Ikehata, T. Yamasaki, and K. Aizawa, “Coarse-to-fine strategy for efficient cost-volume filtering,” Proc. International Conference on Image Processing (ICIP), pp. 3793-3796, Paris, France, Oct 27-30, 2014.

http://www.ieee-jp.org/japancouncil/chapter/SP-01/past-paper.htm
受賞
2015年11月19日
相澤教授が,第30回画像符号化・映像メディア処理シンポジウムにおいて,30年間発表論文(2640件)の中から,「知的符号化のための顔の3次元モデル構成について」と題した1986年の発表論文に対して,学術的・産業的貢献のあった論文としてGrand Best Paper優秀賞を受賞しました.
東大将棋部
2015年11月19日
安沢昌志 (B4) が所属する東京大学将棋部が平成27年度関東秋季団体戦で優勝を果たし,3連覇を達成しました.12月26~28日に四日市で行われる全国大会,学生王座戦に出場します.