IEEE TCSVT
2018年5月5日
2016年からOnlineでは公開されていた下記の論文が出版されました。

3次元seam carvingをgraph-cutではなく、新たに開発したMulti-pass Dynamic Programmingを使って解くことで準最適解ながら100倍高速、1/10のメモリ消費で解くことができます。

Ryosuke Furuta, Ikuko Tsubaki, and Toshihiko Yamasaki, “Fast Volume Seam Carving with Multi-pass Dynamic Programming,” IEEE Transactions on Circuits and Systems for Video Technology (TCSVT), Volume 28, Issue 5, pp. 1087-1101, May 2018. (online since 2016) Print ISSN: 1051-8215, Online ISSN: 1558-2205, doi: 10.1109/TCSVT.2016.2620563

https://ieeexplore.ieee.org/document/7755760/?arnumber=7755760
論文ハイライト
2018年5月1日
『映像情報メディア学会誌』2018年5月号<研究ハイライト>(第8回), vol. 72, no. 3, pp. 444-450 (2018)
に下記の論文がハイライト(再掲)されました。

山崎俊彦, 中村新芽, 相澤清晴, “RGB-Dカメラを使用した顔モデルのリアルタイム生成・合成による顔向き補正,” 映像情報メディア学会誌, vol. 69, no. 8, pp. J231-J236, 2015.
映像情報メディア学会誌 5月号
2018年5月1日
山崎准教授が映像情報メディア学会誌, 5月号<話題>に下記の記事を寄稿しました。

山崎俊彦, “<話題>人工知能によるコンテンツのハッシュタグ推薦 ~SNS上で人気度を向上させるタグ推薦技術~,” 映像情報メディア学会誌, vol. 72, no.3, pp. 385-388, 2018.
日本経済新聞 掲載
2018年4月23日
当研究室で行っているプレゼンの印象予測の研究が、4/22のオンライン版に引き続き本日の日経新聞朝刊にも取り上げられました。

2018/4/23 日本経済新聞 朝刊9面
プレゼンAIが評価 東大が開発
日本経済新聞 電子版 掲載
2018年4月22日
当研究室で行っているプレゼンの印象予測の研究が日経新聞(電子版)に取り上げられました。

2018/4/22 日本経済新聞 電子版
プレゼンの出来栄え、AIが客観評価 東大
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29651100Q8A420C1TJM000/
日経MJ 掲載
2018年4月20日
山崎准教授がAIについてインタビューを受けた内容が日経MJに取り上げられました。

2018/4/20 日経MJ 1面
「DIY」ならぬ「AIY」
AI自作子供向け講座も
日経産業新聞 掲載
2018年4月20日
2018/04/20の日経産業新聞に山崎准教授らが行っているバナー広告の性能判定に関する研究成果が取り上げられました。

サイトの広告 AIが効果判別
-東大など、デザイン解析-